SSMSでテーブルを変更して保存しようとしたときに「変更の保存が許可されていません。…」エラーの対処方法

症状

テーブルの主キーにIDENTIFYを設定し忘れたので、あとで設定しようとしたら保存の際に下記のエラーメッセージが表示されました。

変更の保存が許可されておりません。行った変更は、次のテーブルを削除して再作成することが必要になります。
再作成できないテーブルに変更を行ったか、テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにするオプションが有効になっています。

対処

テーブルを削除して再作成したくなかったので、SSMSを設定変更してできるようにしました。

  1. SSMSのツールメニューからオプションを選択する。
  2. 「デザイナー」の「テーブルの再作成を必要とする変更を保存できないようにする」のチェックを外す。

 

これでさきほどのエラーが発生せずにデザインを保存できます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です